領事館からのお知らせ(件名:ヒンドゥー原理主義者による活動に関する注意喚起)

在留邦人の皆様へ

                       2012年12月5日

                   在バンガロール出張駐在官事務所

                   

件名:ヒンドゥー原理主義者による活動に関する注意喚起

 

 

 ヒンドゥー教原理主義団体「スリラマ セナ」の主催者であるプラモージ ムタリクは,12月25日にバンガロール市内のチワスワミー・スタジアムで予定されているクリケットのインド対パキスタン戦の開催に反対し,いかなる犠牲を払ってでも試合を中止させるとの意向を同団体HPで表明しています。

 かかる状況に鑑み,皆様におかれましては,試合当日は同スタジアム周辺になるべく近づかないと共に,報道等を通じて最新情報入手に努めるなど,身の回りの安全には十分に注意を払って下さい。

なお,5日付,当地新聞によれば,治安当局は選手や観客に必要な警備対策を執るとのことです。

                                 

(以上)                                 

 

ヒンドゥー教原理主義団体の活動(注意喚起)
領事館からのお知らせ〈ヒンドゥー教原理主団体の活動(注意喚起)〉.docx
Microsoftワード文書 14.0 KB